美容液

濃密な感触で、
押し返すようなハリへ

商品名
テキスタイル
美容液

リバイタル グラナス セラム

肌に触れると充実感のあるハリの手応え。うるおって芯から弾むような感触へ導く美容液。弾力のある濃厚な液が、肌の上にひろげた次の瞬間さらさらに変わり、驚くほどなめらかに角層へ浸透します。まるでパックをはがした後のようなしなやかな肌へ。

30g 15,000円(税抜)

HOW TO

使用法
化粧水の後、手のひらにディスペンサー2回押し分(0.4g)をとり、
顔のすみずみまでていねいになじませます。

手のひらにディスペンサー2回押し分(0.4g)
化粧水の後、手のひらにとり、顔のすみずみまでていねいになじませます。
化粧水の後、手のひらにとり、顔のすみずみまでていねいになじませます。
化粧水の後、手のひらにとり、顔のすみずみまでていねいになじませます。
基本の使用法の後に〜
眉間、目の周り、口の周りに軽く伸ばします。中指と薬指で眉間のシワを下から上へすりあげます。まぶた、目の下からこめかみへ、中心から外側へむかってひきあげます。
片手で目尻をのばし、丁寧に馴染ませます。中指と薬指のはらをつかい、豊麗線を横に伸ばすように馴染ませます。片手でほおを引き上げるように豊麗線をのばし、細かい部分に丁寧に馴染ませます
中指と薬指のはらをつかい、豊麗線を横に伸ばすように馴染ませます。
片手でほおを引き上げるように豊麗線をのばし、細かい部分に丁寧に馴染ませます
頬の毛穴の気になるところに軽く伸ばします。手のひら全体を使い、大きく円を描くように引き上げます。
中指と薬指のはらを使い、下から上に持ち上げるようにして叩き込むように馴染ませます。

HOW TO

使用法
化粧水の後、手のひらにディスペンサー2回押し分(0.4g)をとり、
顔のすみずみまでていねいになじませます。

ファーミングテクニック (ほお全体に) 

01
02
03
04

ストレッチテクニック (目・口周りに) 

01
02
03
04
05

パッティングテクニック (頬の毛穴に)

01
02

おすすめコラム

  • All about

    おいしく食べてキレイになれる! 大人の女性がうれしい東京“美”グルメ3選

    おいしい食事を楽しみたいけれど、“健康”や“美容”にいいものを口にしたい。そんな女性たちへ、楽しく食べて飲んで、美しく健康にもなれる東京の注目スポットをご紹介。薬膳・スーパーフード・玄米など、話題のキーワードが満載の3スポットです。

    2017/07/04
  • All about

    女は楽しんだもん勝ち!エレガントな色気を漂わせる、 パリジェンヌ流の美容メンテナンス術

    学生から社会人、結婚して母となり、さらに歳を重ねていっても、洗練された印象を醸し出すパリジェンヌ。その輝き続ける秘訣は何なのでしょうか?女性であることを謳歌する彼女たちの美意識と美容法を紹介します。

    2017/06/28
  • リバイタル グラナス編集部

    編集部が徹底調査 リバイタル グラナスの背景

    手にとった人が、安心して使い続けられるよう確かな品質が確認できるまで何度もテストを繰り返すのが、資生堂の商品開発の鉄則です。「リバイタル グラナス」のスキンケアアイテムも緻密な工程と、長い年月を経て誕生しました。その作り手の声、思いを知りたいと研究所を訪れたのは、編集部員の中本千尋。料理家でもある彼女だからこそ、聞き出すことができた「リバイタル グラナス」の裏側に迫ります。

    2017/06/14
  • All about

    おいしく食べてキレイになれる! 大人の女性がうれしい東京“美”グルメ3選

    おいしい食事を楽しみたいけれど、“健康”や“美容”にいいものを口にしたい。そんな女性たちへ、楽しく食べて飲んで、美しく健康にもなれる東京の注目スポットをご紹介。薬膳・スーパーフード・玄米など、話題のキーワードが満載の3スポットです。

    2017/07/04
  • All about

    女は楽しんだもん勝ち!エレガントな色気を漂わせる、 パリジェンヌ流の美容メンテナンス術

    学生から社会人、結婚して母となり、さらに歳を重ねていっても、洗練された印象を醸し出すパリジェンヌ。その輝き続ける秘訣は何なのでしょうか?女性であることを謳歌する彼女たちの美意識と美容法を紹介します。

    2017/06/28
  • ヘルシー(グロウ)ライフ

    編集部が徹底調査 リバイタル グラナスの背景

    手にとった人が、安心して使い続けられるよう確かな品質が確認できるまで何度もテストを繰り返すのが、資生堂の商品開発の鉄則です。「リバイタル グラナス」のスキンケアアイテムも緻密な工程と、長い年月を経て誕生しました。その作り手の声、思いを知りたいと研究所を訪れたのは、編集部員の中本千尋。料理家でもある彼女だからこそ、聞き出すことができた「リバイタル グラナス」の裏側に迫ります。

    2017/06/14