04 Jul,2017

おいしく食べて
キレイになれる!
大人の女性が
うれしい
東京“美”グルメ
3選

おいしく食べて
キレイになれる!
大人の女性が
うれしい
東京“美”グルメ
3選

04 Jul,2017

おいしい食事を楽しみたいけれど、“健康”や“美容”にいいものを口にしたい。そんな女性たちへ、楽しく食べて飲んで、美しく健康にもなれる東京の注目スポットをご紹介。薬膳・スーパーフード・玄米など、話題のキーワードが満載の3スポットです。


5日間かけて作る薬膳カレーでデトックス!『銀座カフェビストロ~森のテーブル~』

知らず知らずのうちに過剰に摂取している添加物や塩分、糖分、油分。それらを取り除き、人間が本来持っている治癒力や健康、美しさを取り戻すことをテーマとしたレストランが『銀座カフェビストロ~森のテーブル~』。同じビルに入るクリニックがプロデュースしている、ハーブと生薬を使ったアンチエイジング料理専門店です。

全ての料理に生薬とハーブ、無添加の食材を使用。調理スタッフが医師・薬剤師と共に開発した料理が、厚みのあるファイルのメニューに丁寧な説明とともに並んでいます。

壁一面のハーブティが壮観! 『銀座カフェビストロ~森のテーブル~』

人気メニューは『野菜のデトックス薬膳酵素カレー』。旬のものを含むたっぷりの野菜をワインで3日間煮込み、16種の生薬、30~40種類のハーブを加えて2日間寝かせるという手間暇かかった一品です。凝ったカレーの深い味わいプラス、ハーブや生薬の様々な味がして、「身体に良いものがどんどん入ってきている!」と実感できます。翌日はデトックス効果でスッキリ(あくまでも個人の感想ですが…)!レストランで働く女性たちがお肌つるつる、健康的な笑顔が印象的なのも、まかないで食べているという薬膳酵素カレーの威力を物語っています。

オススメは平日14時まで、土日17時までのランチセット。たっぷりのカレーライスに自家製ピクルス、生薬で煮出したジュレ、デザートのバームクーヘン、そして体調や改善したいことに合わせて120種類の中から選べるブレンドハーブティが付いて2800円(税別)です。

『野菜のデトックス薬膳酵素カレー』のランチセット(2800円)

【DATA】銀座カフェビストロ~森のテーブル~

住所:東京都中央区銀座2-4-18 アルボーレ銀座ビル9階
電話:03-6228-6618
アクセス:東京メトロ『銀座』駅より徒歩6分/『銀座1丁目』駅より徒歩1分/JR・東京メトロ『有楽町』駅より徒歩6分
営業時間:11:30~22:00(水~土)/11:30~19:00(火・日・祝日)
定休日:月曜日

スーパーフードをたっぷり味わえるサラダバーが魅力! ヒルトン東京お台場の絶景ブッフェ

ヒルトン東京お台場の2階、朝食からディナーまでいつでもブッフェが楽しめるレストランが『SEASCAPE TERRACE DINING(シースケープ テラス・ダイニング)』です。Fresh(新鮮)、Beauty(美容)、Healthy(健康)、Power(力強さ)をテーマにした美しい盛り付けの料理が、どれから取るか迷ってしまうほどバラエティ豊かに並びます。

レインボーブリッジが一望でき、絶景レストランとしても名高い『シースケープ テラス・ダイニング』

注目はサラダコーナー。その日の朝に都内で採れた超新鮮な野菜「東京サラダ」の他、世界中で注目を集めている栄養価の高い「スーパーフード」のメニューが充実。まだまだ馴染みが薄く、単品ではあまり味のない素材をいかにおいしく料理するか、シェフが心を砕いて作り上げたメニューが説明ボードと共に並び、さらに自分好みにカスタマイズできるよう、トッピング用のスーパーフードも用意されています。

シースケープ テラス・ダイニングは絶景グルメスポットとしても名高いレストラン。足元から天井までガラスの壁面の向こうにはレインボーブリッジなどベイエリアの風景がダイナミックに広がり、曇り空であっても明るい空間です。身を置いているだけでリラックスできるグルメスポット。お腹も心も元気になれる場所といえるでしょう。

ケールやソルガムキビ、ビーツといったスーパーフードを使い、おいしさにこだわったメニュー。

【DATA】シースケープ テラス・ダイニング

住所:東京都港区台場1-9-1 ヒルトン東京お台場2階
TEL:03-5500-5580(レストラン総合案内)
アクセス:新交通ゆりかもめ『台場』駅直結/りんかい線『東京テレポート』駅徒歩約10分
営業時間:6:30~23:00
料金(大人):ブレックファストブッフェ 2500円
ランチブッフェ 平日3200円/土日祝3700円
デザートブッフェ 平日3000円/土日祝3500円
ディナーブッフェ 平日4200円/土日祝4700円 (税・サービス料別)

3つの“B(美)”で美しく健康に! マロニエゲート銀座『Sakura食堂』

商業施設・マロニエゲート銀座2(旧プランタン銀座)の地下2階は、「美と健康を考える女性のためのウエルネスフロア」。スポーツアパレルやサプリメントショップなどが並んでいますが、その中にある『Sakura食堂』は、玄米(Brown Rice)、バランス(Balance)、美と健康(Beauty&healthy)の3つの“B(美)”にこだわった食事を提供しているカフェ風レストランです。

明るいポップな雰囲気の『Sakura食堂』

「500kcal 豆腐ハンバーグ 豆乳クラムチャウダー仕立て定食」(1180円)はマロニエゲート店でしか食べられないメニュー。

メインのおかず、4種類の副菜、玄米ごはん、玄米味噌汁、お漬物がついて500kcalの定食や、8種類の焼魚が並ぶ定食など、毎日通いたくなるヘルシーな食事は全て管理栄養士監修のもと作られたメニュー。特に「食物繊維が白米の約9倍」「抗酸化作用のあるビタミンEが含まれる」「アンチエイジング効果が期待できる」「腸の運動が活発になる」と言われている日本のスーパーフード・玄米にこだわり、玄米特有のパサパサ感を緩和するため浸水時間を長くするなど工夫をこらしています。ちなみに玄米味噌汁はほのかに玄米の風味が香るお味噌汁。イソフラボンが豊富で女性ホルモンの活性化を高めると言われています。現在Sakura食堂は都内に4店舗オープンしていますが、一番新しいマロニエゲート銀座店はメニューの完成度が特に高く、ここでしか食べられないメニューも豊富です。

玄米の食べにくいイメージを覆す、ふっくら感や、カロリーをおさえているのにしっかりした味わいを楽しめる定食など、「おいしい」と「健康的」を両立したグルメスポットです。

【DATA】Sakura食堂マロニエゲート銀座店

住所:東京都中央区銀座3-2-1 マロニエゲート銀座2 地下2階
TEL:03-6263-0786
アクセス:JR『有楽町』駅より徒歩4分
東京メトロ『銀座一丁目』駅より徒歩2分、『銀座』駅より徒歩2分
営業時間:11:00~21:00(L.O. 20:30)※変更あり

「健康や美容に良いものはおいしくない」というのはもはや昔の話。楽しく食べて飲んで、美しく健康にもなれる3つのグルメスポットで是非それを体感して下さい。

【プロフィール】

藤丸由華(ふじまるゆか)
フリーアナウンサー/All About「東京」ガイド。聖心女子大学文学部卒業後、ラジオ局・TOKYO FMに入社。アナウンサーとして12年東京にこだわった取材を行う。ニューオープンのスポットはもちろん、八丈島やラグジュアリーホテルのバックヤード、東京上空600mにも足を延ばし、09年に独立後は総合情報サイト・All Aboutの東京観光情報ガイド、ラジオパーソナリティー、2足の草鞋で活動中。

【ピックアップアイテム】
ヘルシーグルメの後は、うるおい満たすジェルクリームの夜美容。翌朝が楽しみになる肌へ

リバイタル グラナス
クリームクリア

眠っている間にみずみずしいうるおいで肌を満たし、輝くような透明感のある肌に導くクリーム。プルッとしたジェル状のクリームがとろけるように肌になじんだ後、しっかり密着して保湿。翌朝目覚めると、なめらかでつやのある肌を実感できます。

40g 10,000円(税抜)


詳しくはこちら>

おすすめコラム

  • All about

    女は楽しんだもん勝ち!エレガントな色気を漂わせる、 パリジェンヌ流の美容メンテナンス術

    学生から社会人、結婚して母となり、さらに歳を重ねていっても、洗練された印象を醸し出すパリジェンヌ。その輝き続ける秘訣は何なのでしょうか?女性であることを謳歌する彼女たちの美意識と美容法を紹介します。

    2017/06/28
  • リバイタル グラナス編集部

    編集部が徹底調査 リバイタル グラナスの背景

    手にとった人が、安心して使い続けられるよう確かな品質が確認できるまで何度もテストを繰り返すのが、資生堂の商品開発の鉄則です。「リバイタル グラナス」のスキンケアアイテムも緻密な工程と、長い年月を経て誕生しました。その作り手の声、思いを知りたいと研究所を訪れたのは、編集部員の中本千尋。料理家でもある彼女だからこそ、聞き出すことができた「リバイタル グラナス」の裏側に迫ります。

    2017/06/14
  • All about

    「医食同源」の精神で、カラダの中から潤いを。 中国女性が実践する美容の知恵

    アジアにはさまざまな美容法が存在しますが、なかでも中国は長い歴史と伝統を背景に、実践的な美容習慣が根付いています。外出時もすっぴんで過ごすことが多い中国女性は、スキンケアへの関心が高く、日々の小さな努力を怠りません。隣国ながらいまだに知らない彼女たちのそんな秘密を覗いてみましょう。

    2017/05/30
  • All about

    女は楽しんだもん勝ち!エレガントな色気を漂わせる、 パリジェンヌ流の美容メンテナンス術

    学生から社会人、結婚して母となり、さらに歳を重ねていっても、洗練された印象を醸し出すパリジェンヌ。その輝き続ける秘訣は何なのでしょうか?女性であることを謳歌する彼女たちの美意識と美容法を紹介します。

    2017/06/28
  • ヘルシー(グロウ)ライフ

    編集部が徹底調査 リバイタル グラナスの背景

    手にとった人が、安心して使い続けられるよう確かな品質が確認できるまで何度もテストを繰り返すのが、資生堂の商品開発の鉄則です。「リバイタル グラナス」のスキンケアアイテムも緻密な工程と、長い年月を経て誕生しました。その作り手の声、思いを知りたいと研究所を訪れたのは、編集部員の中本千尋。料理家でもある彼女だからこそ、聞き出すことができた「リバイタル グラナス」の裏側に迫ります。

    2017/06/14
  • All about

    「医食同源」の精神で、カラダの中から潤いを。 中国女性が実践する美容の知恵

    アジアにはさまざまな美容法が存在しますが、なかでも中国は長い歴史と伝統を背景に、実践的な美容習慣が根付いています。外出時もすっぴんで過ごすことが多い中国女性は、スキンケアへの関心が高く、日々の小さな努力を怠りません。隣国ながらいまだに知らない彼女たちのそんな秘密を覗いてみましょう。

    2017/05/30