22 May,2017

美しさは
健康から作られる。
LAに暮らす人々の
ヘルシーライフと
スキンケア

美しさは
健康から作られる。
LAに暮らす人々の
ヘルシーライフと
スキンケア

22 May,2017

ヨガやスーパーフードなど、日本で流行っているエクササイズやビューティフードのほとんどが、ロサンゼルス(LA)を中心とした西海岸から発信されているのをご存知ですか?今回はそんなLAに暮らす人々のライフスタイルを、美容ライターのわたくし、夏目円が取材しました。


身体にいい=マズイは過去のモノ。「おいしくヘルシー」があたりまえ!

ハリウッドやビバリーヒルズを有するアメリカ・ロサンゼルスは美意識の高いセレブリティが集まっていることもあり、最先端の美容情報があふれています。
ここ数年は、内側からの美しさを意識した、エクササイズや食事に重点を置いた美容法が人気のよう。そこで最近のトレンドを探るべく、LA在住のEMIKOさんにお話をうかがいます。EMIKOさんは、モデルとしてパリで長年活躍した後、LAに移住。現在は、パリで学んだヨーロッパ薬膳の知識を生かしつつ美容と健康を意識した料理教室を主宰するなど、ヘルスコンシャスな女性です。

まず、真っ先にうかがいたいのが、LAで今流行っているヘルシーフードについて。

「ナチュラル志向の高いLAでは、数年前からローフードやビーガンフードが流行中。これまでは、“健康のために食べる”という感じでしたが、今は、味やお店の雰囲気にこだわったレストランが街中に増え続けています。今年、LAで最もおいしいレストランに選ばれたのも、ビーガンレストランでした」(EMIKOさん)

ローフードとは、“Raw(生)Food(食べ物)”のことで、生で食べることで植物の酵素や栄養素を壊すことなく効果的に摂取できるとされています。ビーガンフードとは、“Vegan=菜食主義”つまり、野菜や穀物を中心とした食べ物です。

「ローフードやビーガンフードは、消化が早いので体に負担がないと言われていて、夜食べ過ぎても、朝にはすっきりと目覚めることができます。LAにはビーガンレストランがたくさんありますが、最近では男性客もよく見かけるようになりました。おすすめはベニスの『The Boucher’s daughter』(※1)。内装もオシャレで、カフェのように使えるのでとても便利。サンタモニカの『Erven』(※2)は、ビーガンレストランの中で最もおいしいと評判です」(EMIKOさん)

他にも、日本でもおなじみのスムージーやコールドプレスジュースなど、その日の体調と相談しながらヘルシーフードを楽しんでいるようです。

<DATA>
●The Boucher’s daughter(※1)
1205 ABBOT KINNEY BLVD.
VENICE,CA 90291
8:00~22:00
無休

●Erven(※2)
514-516 Santa Monica Blvd.
Santa Monica, CA 90401
日~木 11:00~15:00、17:00~22:00
金~土 11:00~15:00、17:00~22:30
無休

また、LAでは最近、食材の栄養素や安全性への注目度がぐっと高まっているそう。 「週末になると街のあちこちでファーマーズマーケットが開かれ、地元の人たちで賑わいます。ファーマーズマーケットには、みずみずしくフレッシュな野菜や果物がたくさん並んでいて、生産者の顔を見て、説明を聞きながら野菜を選ぶことができるのでとても安心。わたしも旬の食材を求めてよく足を運びます。食事は毎日のことですから、“良質な食材を選び、バランスの良い食事をきちんと作る”という基本がいちばん大切だと最近改めて感じるんです」と話すEMIKOさん。健康や美容は、食材を選ぶことから始まっているんですね!

生活リズムに合わせて、思い思いにエクササイズを楽しむ

エクササイズの流行発信地であるLA。日々トレーニングをしているのか、男性も女性も引き締まった美しいプロポーションの人をたくさん見かけます。「朝の出勤前にヨガやピラティスをしてボディコンディショニングをしてからスタートしたり、夕方の涼しくなる時間帯に海沿いを走ったり。自分の生活リズムに合わせて、自然とエクササイズを取り入れるところはとても共感できます。

LAは車社会なので、エクササイズをしないと1日中動かないという現状に陥りがち。わたしも、ヨガに週に2、3回、1時間ずつ行くようにしています。エクササイズをすることで身体の代謝が良くなるし、ストレス発散できて考え方もポジティブになります。最近では、“成功している人は常にエクササイズをしている”というレポートも発表されました。やはり、生活全体にメリハリが出てくるのでしょう」(EMIKOさん)

また、最近はエクササイズとファッションが同一化してきたように感じるそう。
「トレーニングウェア自体がとてもおしゃれになってきて、それで1日中過ごす人も増えています。最近は、モノトーンやシンプルなデザインだけどカッティングがセクシーといった、スタイリッシュなウェアがトレンド。グレー、ブラック、ベージュなどシンプルな色を選ぶ人が多いですね」(EMIKOさん)

紫外線を浴びた後の“肌の保湿”がいちばん重要!?

身体の内側から健康になったら次は外側のケアも。紫外線を浴びると、肌のバリア機能が低下して水分が蒸散しやすくなるため、肌の乾燥が加速すると言われています。この他にも、シミやシワといった肌のエイジングの原因にもつながるので、紫外線は浴びないほうが良いのは周知の事実です。

LAといえば日本よりも強烈な日ざしが降り注ぎ、肌の露出が高いファッションが好まれているイメージですが、UV対策やスキンケア事情はどうなのでしょうか?

「UV対策として、サンスクリーンと帽子は必需品。日本では定着している日傘ですが、LAではさしている人がほとんどいないのであまり使いません。紫外線による肌ダメージのひとつでもある“肌の乾燥”が、エイジングの原因になるということが認識されているので、保湿の意識はとても高いです。スキンケアに加え、水をこまめに飲む習慣も、保湿対策として根付いています。

わたし自身も、朝はクリーム、夜はクリームとリッチなテクスチャーのオイルなどで保湿を徹底し、週に1回はスペシャルケアとしてパックを使っています。ベースメークは、日焼け止めを丁寧に塗り、素肌を感じさせる軽いファンデーションで仕上げています。

LAではナチュラルでヘルシーな肌を感じさせるメークが人気。日本は美白先進国ですが、LAの人たちはちょっとのシミはそばかすのように感じているので、それはそれでチャームポイントとして捉えているのかも(笑)。

LAはベニスやマリブ、サンタモニカなどステキなビーチが多いので、つい太陽と仲良くなってしまうのかも。それでもアフターケアをしっかりおこなうことで、気持ちのいい外の気候を楽しみつつ健康な肌を維持する工夫をしているんですよ」(EMIKOさん)

EMIKOさんのお話を伺って、美容と健康はますます切っても切れない関係だと感じます。真の美しさを叶えるためには、良質な食事と定期的な運動、そして外側からのケアが欠かせません。すごくすごく基本なことですけど、いちばんコアな部分であり、強く意識することが大切なんですね!

【執筆者プロフィール】

夏目円(なつめまどか)
20代から40代にわたる幅広い女性誌のビューティページを執筆。美容ライターとして17年のキャリアを生かし、メークからスキンケア、ヘルスなど幅広いジャンルを担当する。とくに、旬のビューティトレンドに詳しい。

【取材協力】

EMIKOさん
パリ留学中に現地でスカウトされモデルとして雑誌やキャンペーンを中心に活躍する。2010年に16年間過ごしたパリを離れ家族でLAに移住。パリで学んだヨーロッパ薬膳の知識を生かしつつ、料理教室、レシピ提供など食の分野でも活躍する。特に“美容と健康”を意識したレシピに定評がある。著者に『きれいをくれるパリの街』(ギャップジャパン)。ヨーロッパのブランドを中心にセレクトした子供服のサイトnanamina.comも運営中。

【ピックアップアイテム】
LAっ子にならってワークアウトした後は、清涼感のあるひと吹きで肌を保湿

リバイタル グラナス
スプラッシュジェリーミスト
<収れん化粧水>

美容成分をたっぷりと配合したジェリーのミスト。水分と皮脂のバランスを整え、毛穴も肌もひきしめます。日中に使えばべたつきや乾燥を防ぐ効果も。特に、外の蒸し暑さとエアコンの冷えをくり返す、真夏の肌におすすめ。

50mL
5,000円(税抜)


詳しくはこちら>

おすすめコラム

  • リバイタル グラナス編集部

    編集部が徹底調査 リバイタル グラナスの背景

    手にとった人が、安心して使い続けられるよう確かな品質が確認できるまで何度もテストを繰り返すのが、資生堂の商品開発の鉄則です。「リバイタル グラナス」のスキンケアアイテムも緻密な工程と、長い年月を経て誕生しました。その作り手の声、思いを知りたいと研究所を訪れたのは、編集部員の中本千尋。料理家でもある彼女だからこそ、聞き出すことができた「リバイタル グラナス」の裏側に迫ります。

    2017/06/14
  • All about

    「医食同源」の精神で、カラダの中から潤いを。 中国女性が実践する美容の知恵

    アジアにはさまざまな美容法が存在しますが、なかでも中国は長い歴史と伝統を背景に、実践的な美容習慣が根付いています。外出時もすっぴんで過ごすことが多い中国女性は、スキンケアへの関心が高く、日々の小さな努力を怠りません。隣国ながらいまだに知らない彼女たちのそんな秘密を覗いてみましょう。

    2017/05/30
  • @cosme

    軽やかな質感で内から心地よくうるおす季節に負けないスキンケア

    強い紫外線やエアコンなどにさらされて、いつも以上に乾燥などによるダメージを受けやすくなっています。でも、さっぱり済ませたいからと、春夏の肌はお手入れ不足になりがち。心地よく使える季節対応のスキンケアで、お悩みをケアしながら美しい透光ハリ肌を手に入れて!

    2017/05/17
  • ヘルシー(グロウ)ライフ

    編集部が徹底調査 リバイタル グラナスの背景

    手にとった人が、安心して使い続けられるよう確かな品質が確認できるまで何度もテストを繰り返すのが、資生堂の商品開発の鉄則です。「リバイタル グラナス」のスキンケアアイテムも緻密な工程と、長い年月を経て誕生しました。その作り手の声、思いを知りたいと研究所を訪れたのは、編集部員の中本千尋。料理家でもある彼女だからこそ、聞き出すことができた「リバイタル グラナス」の裏側に迫ります。

    2017/06/14
  • All about

    「医食同源」の精神で、カラダの中から潤いを。 中国女性が実践する美容の知恵

    アジアにはさまざまな美容法が存在しますが、なかでも中国は長い歴史と伝統を背景に、実践的な美容習慣が根付いています。外出時もすっぴんで過ごすことが多い中国女性は、スキンケアへの関心が高く、日々の小さな努力を怠りません。隣国ながらいまだに知らない彼女たちのそんな秘密を覗いてみましょう。

    2017/05/30
  • @cosme

    軽やかな質感で内から心地よくうるおす季節に負けないスキンケア

    強い紫外線やエアコンなどにさらされて、いつも以上に乾燥などによるダメージを受けやすくなっています。でも、さっぱり済ませたいからと、春夏の肌はお手入れ不足になりがち。心地よく使える季節対応のスキンケアで、お悩みをケアしながら美しい透光ハリ肌を手に入れて!

    2017/05/17